波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

夢の計算式 『複利』

投資の世界では、当たり前に知られていることかも知れないが、30で掴んだ私の夢の道の話



3年前、私が三十路に踏み入れようとしているとき、今の自分と将来の自分を考えることがあった。

その時思い悩まされたのは・・・
・欲しいもの(exマイホーム)ややりたいこと(ex世界の海を巡る)が一杯あるという欲求
 ⇔それを叶えるだけの十二分な
       お金/財力が無いという事実

・家族を養う、娘を育てるという責任感
 ⇔今の仕事を将来ずーっと続けていきたいと
        思えない窮屈感

そんな葛藤に対して、転職や独立をただボーっと考える日々。
(でも頭の中だけで、何も行動はしていないダメ自分)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな私が出会った『夢の計算式』こそ『複利計算』

【問題】

新入社員のAさん(22歳)は毎月3万(年間36万)を投資にあてて、年率10%で資産運用。
30歳で追加投資や貯金はやめて、遊んでいた。
ただし、これまで積み立てた分は運用継続でほったらかし。

一方Bさんはずーと貯金無く遊び歩いていたが、
30歳でやばいと思い直し、毎月10万(年間120万)を60歳までずーっと貯金し続けた。(銀行金利0.1%)

さて、60歳の時の資産総額はどっちが多い?











【回答】
どーん

{EF6BAD05-ADD8-4686-A2C5-66C3734F02F3:01}



どーん。。。。
なんと、30~60まで30年間もひた向きに汗水流した続けたBさんの負け
どっちも継続の力を使っているが、知恵+継続のAは強し。



今まで学校で微分積分複素数運動方程式…小難しいこと学んだけど、どうしてこんな単純なモノを習わなかったのだろう。
いや指数関数は習ったけど…でも30歳で初めて知った計算式
これほど、楽しくて、ワクワクするエクセル計算は初めてでした。
 Y=A*(1+X)^N    A:元金、X:年利、N:年数






じゃあ私はもっと夢を見る。
 30歳での貯金は400万程度。
 月8万+ボーナスを入れると、年間120万は投資に回したい。
 それを年利10%で運用すると・・・


{8F287701-9EBA-4267-8281-33FF34B40517:01}


億万長者への道。
その道を歩くために、投資をするんです。