波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

APPLEの凄さ③

あつい~ そんな中ダラダラ書きます

 

APPLEの製造業として凄さ その③です。

 

なんでiPhoneなんて高級品が売れまくるのか…

 

私なりの答え(まぁ一般的に言われている事ですが…)
『先駆者であり、それが作り上げたブランド価値』です。

 

電話/メールだけでない、他に様々な機能を有するスマートフォンという新たなデバイスを世に出した。スマホとは何たるか?を世に見せつけ、APPLE側からそれを定義づけた。普通は、消費者の要望に合わせて商品開発するもの。でもAPPLEのiPhoneは違う。iPhoneに消費者が合わせた。

だって、だれしもiPhone(スマホ)を最初使ったとき、非常に使いづらさを感じたはず。あのフリック入力に苦戦。ズームアップ/アウトに苦戦…みんな使いづらいと言って、投げ出してもいいはず。でもそうはせずに、消費者側が勉強して、iPhoneに自らを合わせたんです。それが先駆者の特権。

今、急に、車のハンドルとアクセルとブレーキの位置が変わったらみんな怒るはず。
でも最初に車と作った人が決めたんですよね。ハンドルは手、右がアクセル、左がブレーキ。今となっては当たり前だが、その構造にみんなが合わせているんです。

 

先駆者は自分が作ったルールで勝負ができる。(例えば特許とかで)

そうすると、他に負けない。強さに磨きがかかる。

強い人とは決められたルールのなかで競い合ってNo1になるのではない。

先にNo1になって、ルールを作った人が強い人。

最終的な消費者は『強きに魅せられる』

いつの世も大衆は強さに惚れ込むものではなかろうか…

そこにあるのは、高くても買いたいと思う消費者心理…


そうやって出来上がったものが『ブランド力』
『ブランド力』こそ、モノとサービスに溢れた現代社会において唯一生き残れるための武器であり、資産だと感じる


だからAPPLEに投資


記載していて、なんとも分かりづらいなこれ…
ていうか文才が乏しい。


言いたいのは、

巨人が偉人ではない。偉人が巨人になる。

ブランドがあること=偉人であり、それがあれば利益を上げて巨人に成長できる

そして巨人はますます巨人に成りうる

ということなんですが…


ブランド力を得るには多岐に方法あれど、先駆者に叶うものなし

なーんてな考えです