波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

WIN-WINでいたい

『敗者のゲーム』を読んでの雑感。


どの銘柄を買ったらいいとか、いつ買ったらいいとかいうhow to本や根拠の乏しい情報よりも、
投資とは何かとう本質的なことを語りかけてくれるいい本だった。
でもちょっと難しく、初心者が読むとなんのこっちゃになりそう。。。

で雑感。

トレードの売買で利益を上げるのは、やはり相当な困難だと実感。
自分の買った裏には売った人有り
儲けた裏には損した人有り
短期売買の総和はゼロサム
でも売買手数料を考えるとネガティブサム

そんな世界で独りの個人投資家が圧倒的な情報量、分析力を誇るプロに勝ち続けられるはずが無い。WIN-LOSEを目指し挑んでも、いつか寝首をかかれLOSE-WINになり得る。何より脅えと戦わねばならない。


そんなことよりも私はWIN-WINとなりえる方法でいたい。

株式という物を持ち続ける事で、企業の成長、経済の成長、社会の成長と共に投資家は利益を享受することができる。
社会と投資家がWIN-WINでいる

これこそ凡人の私ができる単純かつ賢明な方策だと感じた。




いいなと思えたら…
ポチッと頂けると励みになります
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓