波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

生命保険を見直そう④ 保険の税制優遇

その④

今手持ちの学資保険の利回りは

0.94%と出ました。
この利回りをもっと上げる方法。

それは税制優遇を活用すること。

年間生命保険料(学資含む)8万円上限として
所得税控除;4万円
・住民税控除;2.8万円
を受けることができます。
サラリーマンが年末調整で申請するやつ

年間8万は掛捨保険だととてもじゃないけど使えませんので、この保険一発で控除枠使い切っています。

そして、私の場合、所得税+住民税の還付金として、10800円を受けています。
(嬉しいかな悲しいかなで昨年から所得税率が20%になってしまった…)


これを考慮すると年間保険料は
14886×12-10800 = 167832円
となります。


これで利回りを計算(またIRR関数計算)
利回り(一括受取時) = 1.69%
※過去は所得税率10%だったので、その分還付金減らした計算しています。


ちなみに、面白いことに中高大の分割受取の方が有利なんです。
利回り(分割受取時) = 2.09%
総額は一括の方がいいのに複利計算は面白い世界。まぁどっちを取るかはその時の状況かな?

何れにしても、2%まで来ると今の低金利時代には信じられないいい利回りで満足

保険には保障以外不要といいつつも…
教育資金を貯めるまでの期間があと10年ちょっとなので、あまりリスク資産にも振れません。
そのため、円建て低リスク運用かつ税制メリットを享受でる点を考慮して、この学資保険はなかなか良いのでは思って、唯一貯蓄性保険として持っています。



ちなみに…ボヤキ…
保険屋に見積もりを複利利回りで示してくれってお願いしたら、どうやって?ってポカンとされた
銀行金利と保険は違いますからって回答
一人じゃなく数人のFPから…


保険金を元に運用して資産形成しますっていうなら、利回り教えてよ。返戻金とかいう訳の分からない数字じゃなく…

無料相談だからだめだったのか…?