波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

強靭な刀を生み出すために!そして買増

何を思ったのか少し変わった話題…


日本刀を作る刀鍛冶が一番緊張する瞬間は?


{BB88D278-41A3-4FFB-8B80-CBE041389DE8:01}


刀の作り方は簡単に記載すると
材料の銑鉄を溶かして、熱せられた鉄をトンカントンカンと叩いて刀の形にします。
このトンカン叩く工程は鉄を鍛え上げる工程。

そして刀の形にした後、刀鍛冶がもっとも緊張すると言われる工程がやってきます。

それが『焼入れ』

焼入れとは今一度、800℃ぐらいまで今一度、刀を真っ赤っかに熱して、そして…
一気に水に突っ込んで冷却します。
上の写真の状態

ジュア~
わっちゃ~
ってやつ

何のためにするかというと、今まで叩けばフニャフニャ変形するものだったものが、一気冷却する事で強靭な硬度をもつ鋼に姿をする為。
専門用語はオーステナイトからマルテンサイトへの変態と言いますが…


適度に熱して一気に冷やす。
これは熟練の技がいるようで、失敗すると焼き割れ(ヒビ)が起きたり、下手に変形したり、強度の無いナマクラになる。
今までの匠の仕事が一瞬でおじゃんになるかもしれない瞬間で、鍛冶さんが最も緊張するらしい。

鉄にすれば試練だよなぁ
人間でいえば、のんびりとお風呂につかっていたら、急に極寒の海にたたき落とされるんだから…
心臓麻痺起こすよ…
でも鉄はそうやって強靭な鋼となる。
そして、研ぎ師の手により鋭い刃をもつ名刀になっていく。

{99097ED9-2972-42C8-A7F6-D482C412DFAA:01}





さぁーて無駄に長い前段でした。

何が言いたいかというと、
『一気に冷やすことで強靭な鋼となる』
これに興味が尽きなかったから…

ってことで、ここのところかなり焼入れ気味のAPPLEさんを昨日買増ししました。
私は強靭になった鋼を手に入れました(…のつもり)
ナマクラじゃ無いよね…時間とともに研ぎ澄まされて、いつか名刀正宗になって欲しいなぁ

APPL:98.7ドル×26

朝起きたら96まで突っ込んで焼入れはもっとだった…まぁそんなものじっくりと