波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

悩めるインデックス投資で光って見えるもの

年末に触れた
ずーっと保有したいと思えるものをNISAに入れる!

の続きです
 
 
これを満たすファンドは何なのか…
ボケっと考えました



今一度自分の持っているファンド(投資信託/ETF)を見つめ直し。
2015/12月投資実績



ニッセイ、eMaxis、STM、EXE-i、ひふみ、バンガード、SPDR…

この中で一番好きなのは…

私は圧勝でバンガード! 
次点がSPDR
(人それぞれでしょうが、個人見解です)

なぜかというと、バンガード社の理念がそもそも好きなんです。
『バンガードの投資理念 ― 顧客の長期的な利益を最優先に』
ありきたりな文言に見えますが、中身は、長期投資の視点で徹底した低コストで投資家に応えるというもので、私のスタンスにピッタリだから

そして先日セミナーに参加してみて改めてバンガード社に共感。

この会社は少し変わった構造をしています。
バンガード社のオーナーはバンガードファンド
バンガードファンドは投資家により成り立っている。つまり、投資家はバンガードの顧客であり、同時に(間接的に)バンガードのオーナーという構造。
{959AD3DE-B757-48BC-8EF4-9B7852E5795F:01}

これどういうことかというと、
他のファンドだと自分たちの経費(ファンドマネージャーの給与など)もさることながら、普通の企業と同様に利益を出し、それを株主への配当などで還元することが求められている。だから投資家の負担はなかなか小さくなりづらい。

でもバンガードはオーナーがバンガードファンドです。なので利益はファンドに返しています。結果、ファンドの運用コストを年々下げることに成功してきた。

素晴らしい!

持っているだけでパワーアップするのがバンガードのETF達!

また低コスト化だけでなく、品質改良も行われています。
・VTだと小型株も組み入れたより全世界の高分散化
・VWOだと中国人しか買えない中国A株の組み入れ
・純資産増加によるトラッキングエラー低下など

そう思うと、やっぱりずーっと保有したいと思えるファンドNo1はバンガードかな。

投資信託がお祭りでこれだけ低コスト化すると、ETFのメリットが減っている。
まして海外ETFなんて扱いが煩わしいってなるかもしれない。
事実、ネットではそんな声がチラホラ…


インデックス投資ってコストばかりで、なんとなく無機質な感じですが、でも私は私なりの目線で見てみて、自分が好きだと思えるものを選ぼうと思う。

以上、年末に書いてた文章でした。
 
ということでバンガードETFでいきます