波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

マジか? 「金利は変動で!繰り上げ返済は11年目から!」

{CB8E87D7-B3BE-42F0-AF23-DC4A103CC11E}

先日、会社の同僚と飲んだときの話

最近私の周りでは家を買った人が多いです。まぁ30も過ぎそこそこにもなると、一般的には買い時というやつでしょうか。

私も含め3人での話です。(他の2人はマイホーム持ち)

T氏「住宅ローン控除による減税分が、年末調整で
今月の給料はどーんと返ってきたよ」

M氏「オレも。でも失敗したぁ。ローン控除があるんだから、繰り上げ返済をしなきゃよかったよ」

T氏「そうだよ。10年間はローン控除を受けて、11年目から返しだした方が得だって!」

私「ところで2人とも変動で借りてるの? 固定で借りてるの?」

T氏「変動に決まってるじゃん」

M氏「オレも変動。ここ10年ぐらいは金利はゼロ近辺に貼り付いてる。変動で借りたって問題無い。そっちの方が断然安いし!」

私「でもさ、もし金利上がったらどうするの」

T氏「上がんないでしょ。銀行に過去の金利推移示されて全然金利上がってないしさ。もし上がりそうになったらその時に固定にスイッチすればいいんだしさ…」

M氏「お前も早く買えよ。家は資産になるし、金利は安いし、減税で金利分は帰ってきて絶対得だぞ」

私「…」

なんか聞いてて呆然というかビックリし過ぎて、最後は「へぇ~そうなんだぁ」と相槌打つぐらいしかできませんでした。
まぁ根本的に私はマイホームは資産ではない、単なる負債と考えている人間なので土俵にすら乗れてませんが、
ももし私がローン組むなら、絶対に固定だと思っているので、ビックリでした。

今だとだいたい固定1%、変動0.5%ぐらいかな。
3000万を30年払いで借りると、
・変動0.5%で月9万(年108万)
・固定1.0%で月9.7万(年116.3万)
でその差は月0.7万なので、毎月のこと考えると確かにちょっとでも金利の安い変動の方がよく見えますよね。
しかも、ローン減税は残高×1%を10年間所得税/住民税から控除なので金利支払い分は戻ってくることを考えると確かにおいしい

でもさ、あくまで今はです。将来は分かりません。インフレターゲット2%を標榜しているなら、少なくとも金利が2%になることは見越すべきなんじゃないの?
・変動2%にならば、月11.2万(年134万)
にもなります。0.5%と2%の差は月2.2万にもなる。これは家計で月千円、2千円の戦いをしている人からすると、結構なインパクトじゃないかなぁ。
しかも支払総額は0.5%なら3200万程度ですが、2%なら4000万ぐらいになりますからね。
数%の違いでも複利の力は強烈です。

なのに変動で借りといて、さらにローン控除期間は出来るだけ返さない方がいいってどういうことさ。
金利が上がりそうになったら、固定にすればいいなんて、そんな神業できるはずないと思うけど。
変動上がれば、固定も上がってるし…


金利変動リスクは、「固定は銀行が負う、変動は借り手の我々が負う」なので、銀行がリスク回避のために変動を推奨するんだろうけど、言われる通りだと、不測の事態で痛い目見るのでは。
まぁ、銀行利息なんて無きに等しいをずーっと体感している我が世代。金利が上がるかも?なんてまず想像はできないよなぁ…

金利が安いときに借りて、とっとと返す。
金利が高くなったら貸し付ける。
という基本は何処に…


家を買おう!
ローンは変動金利で!
ローン減税の恩恵を受けるために、繰り上げ返済は11年目から!

が最近のトレンドのようです。