波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

iDeCoは全力外国株にします!ってどう説明すりゃいい?

この夏からうちの会社でもiDeCoがはじまります。加入申請を先月終え、今月中に何の商品にするか決める必要があります。
 
周りでは何にすればいいでボソボソと話題に。そして周り(上司)からお前は何にするだと聞かれたので、
「私は限度額Maxで外国株インデックスに100%の予定」
って言ったらドン引きされました。
ギャンブル野郎と思われてしまった。
どうにも一般には受け入れにくいでしょうか。
 
一応理屈として、下記のメールを上司に送ってはみたものの…やっぱり株は怖いっていう感覚をお持ちで、説明が難しいです。まぁ節税効果だけは分かっていただけた様子
 
外国株100%は私なりには安パイだと思ってますが、他者に説明するのは難しいですね。
 
 

上司への送付メール

 
◆節税効果について
年間20万を拠出額したとすると、節税効果は
所得税… 20万×税率20%(累進課税)= 4万 
⇒ 年末調整で返ってくる
・住民税… 20万×税率約10%(一律) =  2万 ⇒ 次年の住民税が安くなる
 
 20万/年積み立てると、お国の減税効果だけで6万は得られる 
 


◆運用について

①長期投資リターン
https://www.google.co.jp/amp/s/onewayinv.com/chat/post-1293/%3Famp%3D1

{9BB31462-EBC2-403A-9BA1-58F84F358231}

1800年での1ドルは200年後にどうなったか? 株式は100万倍になった。現金は紙くずになった。インフレにより現金は減価されていきます。長期で保有するのに一番安全なのは株式…というのが過去の結果です。日本ではここ20年デフレであることが例外で、経済は基本インフレなので、安全資産=株式です。
 

②国別の株・債券のリターンは
https://www.google.co.jp/amp/s/nonbiri-reinvest.net/stock-investment-vs-bond-investment/amp/

 全世界の株式のなかで半分はアメリカです。日本は10%未満




長期でもつなら株式が優位。その中でも資本主義の中心はアメリカであるため、まず第一にアメリカを主軸にする必要があります。確定拠出年金の中でアメリカ株式が入ってる商品は外国株インデックス(アメリカ+欧州)です。

 私は期間が25年超あることと、色々やると複雑でわけ分からなくなるので、シンプルに外国株100%でいいやとしました。

ただし、株式はリターンが高いがリスク=変動幅が大きいので、10年未満だと危険だと思われます。株式は+50%になる年もあれば-50%になることもある。平均すると5~8%のリターンが得られるものです。

株のリターンを得つつリスクを抑えるもっともポピュラーは株:債券=50:50

ただ、期間が短くてリスクを取りにくい場合、定期預金100%でも節税効果だけでプラスになります。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
こんな内容送るとよけいに引かれるよね…
まぁ互いに暇だったもので。
でもギャンブルじゃないっていうのを説明するのは難しいかな