波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

【米国株波乗り分析】ロイヤルダッチシェル(RDSB)

 

f:id:Naminori_T:20170812124304p:plain

 

ロイヤルダッチシェル概要

  • 企業名:Royal Dutch Shell PLC 本社はオランダハーグ
  • ティッカー:RDS
  • 英蘭株でNY市場ADR購入可能
  • オイルメジャーの一角 
  • 英蘭企業としての詳しい情報はたぱぞう師匠の下記が参考
  • ロイヤルダッチシェルA株とB株の違い

     

 

ファンダメンタル

 とりあえずDLデータと計算結果です。
 
ソース:Morningstar.com 2017/7/7時点
 

売上・営業利益・純利益

原油価格低迷により売上も利益もずる滑り状態ですf:id:Naminori_T:20170812121712p:plain

 

EPS(一株当たり利益), ROE(株主資本利益率)

EPS成長率(10年平均): -15.4%
EPS成長率(5年平均): -26.1%
→とにかくダダ滑り状態
 
ROE(10年平均):11.9%
 

f:id:Naminori_T:20170812121730p:plain

 
 

BPS(一株当たり純資産)

BPS成長率(10年平均): -0.5%
→横横

f:id:Naminori_T:20170812121809p:plain

 
 

負債・自己資本

長期債務/当期純利益:9.8
→原油価格低迷で利益もしょぼいので負債比率もUP。でもそこまで借金が多いわけではない。石油ビジネスとしてBSは大きいが、そこを安定的に保っている印象。

f:id:Naminori_T:20170812121816p:plain

 
 

キャッシュフロー

私が投資する上で一番みるのがCFです。理想は営業CFが常にプラス、投資CFがほとんど無い、結果FCFが潤沢という形をいつも好みます。でも今回はそこから外れるものを選んでしまった。FCFが潤沢とは言い切れません。

f:id:Naminori_T:20170812121812p:plain

 
 

配当

原油価格に左右され、EPSダダ滑り、厳しいCFまで見るとダメじゃねーって感じですが、じゃあなんでRDSにとうししたかというと、配当の高さに惚れ込んだから。連続増配とはいいませんが、原油安で利益が乏しくなろうとも、気合で配当を出す様が気に入りました。配当性向200%となろうとも株主還元に臨んでいます。蛸足が言いか悪いかはありますが、何が何でもまず株主という姿勢は好感。そして現時点配当利回りは6.5%と高めです。

f:id:Naminori_T:20170812121805p:plain

 
 

PER

EPSが減ってるのでPERで判断しちゃいけない銘柄。参考です

f:id:Naminori_T:20170812121801p:plain

 
 

株価(17/8//11時点)

f:id:Naminori_T:20170812122926p:plain

 ※google finance

 

期待収益率計算結果

メアリー・バフェット著:億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術に基づいて算出
 
期待収益率
10年後
予想株価
ROEベース
3.6%
26
EPSベース
-9.6%
2
一応計算したけど、ダメ!メアリーバフェットの計算方法はEPSないしBPSが着実に上昇するものにしか適用されないので、まともな数字にならない。というか、バフェット分析対象外の銘柄
 

ファンダメンタル分析サマリー

原油価格低迷で減収減益傾向が続く。成長性も見て取れない。そんな中でも配当が着実にあるのが唯一かつ最大のメリット
 

これまでの購入履歴


  数量 約定単価
USD
売買代金
USD
2017/7/6 50 54.3 2715
       
 

まとめ

アメリカ株をやっていると、まず一丁目一番地にくるであろう企業がエクソンモービル(XOM)でしょう。正直XOMとRDSBで迷いました。でも下記のような理由でRDSBを選びました。
・配当利回りが高い…RSDB:6.9%, XOM:3.75% (購入当時)
・外国税非課税…米国株だと外国税10%取られますが、英国株は0%です。NISAで買えば国内税も非課税。より効果的な高配当株としRDSB@NISAに
・英蘭株であること…XOMはSPY(1557), VYMのETFを通して少なからず保有しています。アメリカ以外でのグローバルカンパニーとしてRDSを選びました