波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

とあるブログの感想…ズルくない?

f:id:Naminori_T:20170822202215j:image

 

某有名米国株ブロガーBさんが賃貸vsマイホームを取り上げており、ものすごい秀逸だと思った。

概要としては、賃貸vsマイホームでどっちがお金の面で有利か?ならシミュレーションは至るところである。生涯費用はどちらも変わらないとか、いつか自分のものになるならマイホームがいいとかか、よく聞かれる主張。

そういうシミュレーションに対して、Bさんは、「マイホームは頭金があるのに賃貸は無いのズルい。賃貸にして、頭金分を資産運用すれば、複利効果で賃貸派は大きな資産形成ができる!」まとめるとそんなに内容でした。

これは感銘受けましたね。いつも家に対するお金は費用としか捉えないことばかりできが、削減できた費用を投資に回せば30何年という将来は全く違う風景もありえるという話。メリット、デメリットを話す際、よくよく見ると前提条件はフェアでないこともなり、確かに、ズルいなぁってこと多々ありますね。

 

そう、意見は時としてズルいです

 

さて、そんな有名投資ブロガーBさんの投資信条はディフェンシブなバリュー株をどっしりと構えて、配当再投資がいいというものであり、その信条を一切のブレなく実行する様は素晴らしいと思っています。

でも、他投資法はクソダサいと攻撃しており、特にグロース株には手厳しい。FANGに代表されるグロース株はトレンド転換にて大きく痛手を負う可能性がある、そんなリスクを冒さなくてもバリューであったり、S&P500を買い持ち配当再投資でいいんだ!という考え

で、最近はあるアパレル系のグロース銘柄が大暴落を演じたのを引き合いに、徹底的に大損こいた人をDisってる御様子

 

まぁブログなんて個人の表現の自由だし、意見表明とすれば、表現がDisるものでもいいとは思う。でも…今回のDisり方、

ズルい!

だってグロースが暴落したときに、これ見よがしにやってるんだから。

一方でグングン伸びるグロースで利を上げてる人は見て見ぬフリなんだもん。

それってズルくない?

 

 

まぁ感想です。

自分はバリュー思考ですが、グロース寄りのAAPLやDISもってたり、中道のインデックスやってたりと、節操の無さがあるから、人様のこと偉そうには言えません。まぁ投資は「自分の好きなように、自由に!」が信条ですから。