波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

意味不明の政治家ども、半沢直樹を読みたまえ

解散選挙に浦島太郎でもなった気分

最近は飛行機に乗ってはホテル暮らし、そしてまた飛行機…っていう日々が当たり前になってしまった。今月は日本の出社が11日、出社先事務所が11日と完全に2元暮らしだわ。

さて、今週日本に戻ってくると、たった10日離れただけなのに世の中の政治経済ニュースに全くついていけてない…エッ?解散総選挙?なんで?百合子おばちゃんが新党?クソ民進が解散?もはや意味が分かりません。浦島太郎にでもなった気分です

 

出張中に半沢直樹を一気読み

先々週ブックオフに行くと今更感はではあるが、半沢直樹シリーズが100円だったので、3冊携えて、大陸に行ってました。f:id:Naminori_T:20170929225108j:image

  •  オレたちバブル入行組
  • オレたち花のバブル組
  • ロスジェネの逆襲

いや〜ひさびさに小説を一気読みした〜。おもろかった〜。ドラマは見たけど、小説は読んだことなかった。ドラマの記憶が薄れた頃に読むと、すごい新鮮味があり、内容の圧倒感で読みふけってしまったよ。いつもなら飛行機の中とか映画見ちゃうのに、ずーと読んでました。クソつまらない出張なのに、たった300円投資で気分良く過ごせました。

ロスジェネの逆襲に痛烈にやられました

中でも面白かったのは半沢直樹3でドラマ化されていない「ロスジェネの逆襲」ですね。子会社出向の半沢が企業買収で奮闘し、親銀行と戦う様は、最近の苦しみに腐りかけてた自分がもう少し頑張るか〜なんて気になったよ。

中でも特に印象に残ってるのは、物語終盤のこの言葉ですね

仕事は客のためにするもんだ。ひいては世の中のためにする。その大原則を忘れたとき、人は自分のためだけに仕事をするようになる。自分のためにした仕事は内向きで、卑屈で、身勝手な都合で醜く歪んでいく。そういう連中が増えれば、当然組織も腐っていく。組織が腐れば、世の中も腐る

 

意味不明の政治家ども半沢直樹のこの言葉を聞け

今の政治って何よ?何がしたいんだよ?

  • 身勝手に意味無く解散し大金費やす総理
  • 実績?何がやりたいの?パブォーマス一本のおばちゃん
  • 信条を殴り捨てて保身に走るクソ野党

正に半沢曰く、『内向きで卑屈で身勝手で醜く歪んだもの』の集合体じゃなかろうか? 政治家にとってとは誰だ!のために仕事をしている人は誰だ!こんなクソコントを見せられても、なんも魅せられない。勝手に踊って腐っていればいい

 

まぁ政治をクソという前に自分がちゃんとしないとな。最近プロジェクト立ち上げでいろんな人と絡む中、複雑な議論になって、何のためにを見失いかけてた自分。別世界のダメさを見てると自分が上手くいっていない理由がなんとなく分かり出した。もっとシンプルに自分もやりたいように突っ込もう