波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

生きてますよ!久々の更新 その間私は…

生きてます
 
お久しぶりです。
 
だれだ…
 
波乗りTなる米国株長期屋なるものに励む者でございます
 
かれこれ4ヶ月…
 
生きてます。。。いや~死んでました
 
久々のブログ。死んでいた4ヶ月間のお話です
 

f:id:Naminori_T:20180422133905j:plain

 

冬眠時代

なんかいつの間にか冬が終わり春も終わり、初夏になっていた。まったくどれほど眠っていたのであろうか…実際は悠々と眠れていたわけじゃないんではなく…
  • 日本と大陸を行ったり来たり
  • 激辛に舌を麻痺
  • お受験のために脳までも麻痺
しておりました。
 
えーっと完全に麻痺していて、仮想通貨バブルも株価急落も何それ状態の浦島ちゃんですよ。結果論は日々の相場に振り回されることなく冬眠してました。
 

お受験のための脳麻痺

齢35にてお受験してました。。。
 
何の???
 
上級職試験、いわゆる課長試験という名の昇進試験を受けさされてました。
 
いや~ホント苦痛しかないお受験でした。多くの日本企業、特に旧態依然とした企業では、30代後半から40代前半で管理職:マネジメント層になるかどうかの選別があります。その選別に通れば、課長・部長と成り上がっていくわけ。外れると一生ヒラか万年係長となるわけ。終身雇用で生きるとすればですが…。我にもついにその時期に来てしまいました。
 
そもそもは昇進とか興味はあまりなく。フリーランスプレーヤーでいたいなぁが我が願望。でも上司命令で封じ込められ、超苦痛なお受験日々を過ごしてました。なんせ『英語』に『一般常識』に『論文』に『面接』のフルコースですからね。付け焼き刃でどうなるものでもなく、かなりの時間を割かれる始末。なのに成りたいのか成りたくないのか微妙だからホント最初はやる気無かったのよ、クソ面倒くさいお受験なんてさ。しかも成ったら成ったで超社畜になるわけだ。本当に自分がやりたいことなのかって感じで。
 
労働者として生きるだけではダメだ、資本家にならなければならないを悟ったのが5年前の30歳の時。そこからひたすらに仮面社蓄をやってきました。だから社内では偉くなりたいとか思ったことないわけ。一兵のフリーランスプレーヤーとして坦々と実務をこなしていくのが良いよなぁって思って生きてきました。そして得た対価で株を買って資産増やしていきたい…
 
そんな私が管理職かよ…おーい
 
でもね、「金」に目がくらんでしまった。資産を効率良く増やすには、結局年収を上げるが一番手っ取り早い。親から遺産が貰えるわけでもなく、多大なセンスを元に短期トレードで大銭稼げるわけでもなく、自分でビジネスを立ち上げる気もない。私が選んだのは長期屋の道。いかに種銭稼いで、投資元金捻出するかに最重要な訳だ。そのために副業して財布の数を増やすも手だけと、やはり本業でのキャリアアップが近道。サラリーマンで平社員でいると給与はそのうち頭打ちになる。だったら昇進していくしかない。
 
そんな勢いでお受験励んじゃいました。お受験という名の組織化プログラム、つまりは超社畜化への洗脳教育を。
 
 

仮面だろうと洗脳教育完了。晴れて合格

合格しちゃいました。昇進なり。無事に洗脳期間を終えました。
 
課長格です。まだ本物の課長じゃないけど、その資格を得たということらしい。英語肩書はManager。警察なら警部、海兵なら少佐ってやつかな。米国株投資家としては中佐でしが、本業でも佐官を拝命することになりました。
 
裁量労働制です。残業代がつきません。何時に出社して何時に退社しようがかまわない。逆をいえば業務が片付くまで何時間でも働けやというヤツ。まぁ裁量権なんてない超社畜化です
 
そして年俸制。スタートが800との噂。噂というのは、ハッキリ給与決定通知がまだでていないんだよなぁ。まったくもって変な会社だ。上級職試験は受けろ、でも条件は別途提示だなんてさ…。まぁでも伝え聞く情報によると、Managerで800, Senior Managerで1000, General Managerで1200ぐらいだってさ。
 
プロモーションして階段上ってちょっとでも給料UPさせていく。それが日本流の働き方かなぁ。それが所謂責任の重さの対価に見合うかは分からないが。
 
まっ地味ながらもそうやって投資種銭稼ぐが目指す自由への最短かな