波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

NISA非課税制度って言うけど、そもそも論に戻ると二重課税問題の是正でしか無いよね

NISAのロールオーバーをどうしようかなぁと悩む昨今ですが、そもそも論に立ち戻り、NISAは非課税制度でお得って言うけど…

 

二重課税という問題が是正されているだけだよね

 

NISAで5年保有したら…

2014年に開始された少額非課税制度NISA。今年で丸5年。ついに初年度に買い付けたものが非課税期間の終了となります。5年保有したものは、

  1. 売却
  2. 課税口座に移して、そのままHOLD
  3. 2019年枠を使って持ち続けるロールオーバー

の選択が迫られてきました。私は、残念にも5年経ってマイナスなものは3.ロールオーバーしようかなと思っています。課税口座に移すとそのときの時価が取得価格になってしまうので、マイナスの銘柄は売却時に過大に利益と判断され余分な税金取られてしまうから。

 

残念ながらの対象はIBMちゃんです。

 

景気変動・株価変動があるなかで、5年後にプラス銘柄当てゲームとならざるを得ない不完全な制度にがっくりとくるところでしょうか。

 

だからこそ、非課税期間の恒久化を求む声はごもっとも。でもね、そもそも論に戻ると、お国が非課税制度作りましたって威張ること自体おかしいって思い始めました。

 


企業は法人税払ってるから投資益は二重課税

f:id:Naminori_T:20181130183046p:image

  • 企業は商品売ったり、サービスを提供したりして【売上】を立てます。
  • その売上から経費(材料費や人件費)を引いたのが【営業利益】
  • 更に銀行への利子を支払った後が【経常利益】
  • その後、本業以外の損益があらばそれを考慮して【税引前利益】
  • ここから法人税を払って、最後の残りかすが【当期利益=株主利益】

 

企業は法人税という立派な税を払っています。法人税を払った後は全部株主のもの。株主利益は確定しているのに、それを配当として引き出そうとしたら、所得税・住民税がかかるってそもそもおかしい。いわゆる二重課税ってやつです。


自分の口座にあるお金を普通のATMを使えば、問答無用で手数料をとっていたけど、手数料かからない便利なATMですよって言われてもね…

 

ただ単にNISAでは二重課税にはなりませんよ~!って言っているだけ。間違いが是正されているだけじゃねーか!

 

投資益、配当にそもそも課税すること自体反対!

 

 

ちなみに…

こんなこと言うと

「限れた金持ちだけの優遇」なんて反対する人いそうだね。そんなことあるかい、投資は誰にだって平等に与えたチャンスだよ。やらない人の事なんて、放って置けばいい