波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

嫁と約束したお金のこと

昨日、嫁とは大して投資の話はしません、聞かれた答えるけどということを書きましたが…それ以前にヒドイ話。これ友達に言うと、ドン引きされるんだけどね…

 

私は、嫁に給料も年収も教えてません!
ドーーン

 

 

世間一般はお小遣い制なの?

f:id:Naminori_T:20190123125414j:image

 

先日月曜にTV見てると、所さんの番組で、多くの家庭ではお小遣い制が採用されおり、「小遣い少ない!」ということをおっちゃんたちが嘆いていました。旦那の平均お小遣いは39000円なんだとか。

 

結婚すると男は、キャッシュカードと通帳を嫁に奪われ、給与が少ないといびられ、稼いだ金に自分の裁量権はなく、渡された小遣いに不満を言いながら過ごすのかなぁ

 

断固拒否!
嫁に財布握られるのは無理!

 

だからと言って、直接つながる理由ではないかもしれませんが、私は、嫁に給料も年収も教えてません。酷い男です。あくどい男です。

 

 

我が家の運用形態

社蓄リーマン+専業主婦+娘2人の組み合わせ。最近嫁がバイトにちょこちょこ出ているが、大した額も稼いでいなだろうから、基本は一馬力であり、

  • 収入と資産管理担当が私
  • 家計運営が嫁

 

毎月、給与を貰うと、生活費として嫁の銀行口座に振り込み、投資資金として証券口座に振り込み、残りが自分の遊び金。分けたら後は不干渉。給与明細を持ち帰ったことがないんだよねー。まぁ多分大体の年収ぐらいは把握しているとは思うが

 

 

嫁と約束したお金のこと:決めた生活費は絶対に入れる

 

これでも一応、10年は夫婦やってます(やれてます)。まぁ成り立っているのは、

 

嫁との約束事:

   「毎月、家に生活費として○○万円入れる」

これだけは守っているからだと思う。


結婚した当初って、結構収入が安定しなかったんですよね。元が少ない上に、残業の多い少ないでかなり変動してましたから。そんなときに突如としてリーマンショックがやってきました。残業0、ホントに少ない手取りでした。大学生バイト以下かってレベル。約束した生活費よりも少なくて、完全に赤字状態でした。でも愚痴愚痴言いたくなく、独身時代の貯金から生活費を捻出しました。震災のときもです。残業0かつ、会社STOPの帰休で苦しかった。どこまで自分が耐えれるかの我慢状態だったけど、なんとか凌ぎました。

 

その後、娘が生まれ大きくなりだと、何かと生活費も膨れてきます。ちょいちょい生活費UP相談は嫁からやってきますが、増額にも応えてきました。


この10年、応じた数字はちゃんと守ってきました。

 

給与も知らさない、資産も知らさない、なのに成り立ってる変な家庭です。

 

 

お金の使い方=性格

お金の使い方ってほんと人それぞれで、そのまま性格が出ます。だから、人のお金の使い方見ると、何でそんなことするのって思うことばかり。逆に人にごちゃごちゃ言われるのも好きじゃない。

 

まぁ私は自己認識しているぐらい変わり者なので…お金での不毛な論戦したくない。どっちが正しいとも言えない単たる消耗戦になるだけだから。

 

だから、「決めたことだけ守る!」 それだけ。

 

私は、決めたお金は家に入れる

嫁は、そのお金で上手くやりくりしてもらう。

あとはよろしくお願い!

 

そんな感じです。