波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

年収800 でも働き損なだけだよなぁ

会社から源泉徴収票が配布されました。2018年の支払金額は775万と記載あり。これは確定拠出年金(月2.75、年33万円)除くなので、込み込みだと
 2018年収:808万
でした。

 

嫁には年収言っていませんとかと書きつつブログで晒す変なヤツ。 アホですね。まぁ嫁がこのブログの存在を知っていて、しれっと覗き見してくれていると逆に助かるかも…


まぁそれはさておき…


やっと800超えた! 次は900、そして大台1000目指すぞ!って勢いが出るかというと、そんな気は全く無くなった。700を超えたぐらいかなぁ、「徴収される税のしんどさ」 と 「得られるサービス乏しさ」のギャップに苛立ち始めたのは。

 

f:id:Naminori_T:20190123220300j:image

 

徴収される税のしんどさ

所得税、住民税、年金、健保もろもろで年間200万は支払っています。社畜なんで問答無用で徴収されています。一応は社会のためにも働いているつもり。でもやっぱり全体の1/4、 200は大きいよなぁ。収入は相変わらず年功序列なんで年々それなりには増えていきます。でもそれ以上に税負担割合が増えてきて、嫌になってきてます。

 

まぁでも税徴収されることは100歩譲ってしかたないです。社会の一員であり、社会に生かされている身分ですからね。それに私なんかよりも何十倍・何百倍も支払って社会貢献している人いますから。ZOZOの社長とか。

 

 

得られるサービスの乏しさ

イライラするのは、不公平感がつのる社会サービスばかりだからです。

 

例えば、幼稚園の補助金;下表は私の市の物です

f:id:Naminori_T:20190123215810p:image

 

私は市民税所得額が24万円なので、ランク5となり、第1子で2.2万円の補助になります。一方で非課税世帯のランク2だと、第1子で27.2万円の補助がでます。

  • 働いて税金を納める…市民税-24万 + 補助金  2.2万 = -21.8万
  • 税金を納めない      …市民税 0万  + 補助金27.2万 = +27.2万円   

その差⊿49万円

 

これ納得できます?

なんだかなぁ、働き損・納め損じゃない?

 

他にも、高校無償化とかありますが、でも所得制限で年収約900万円までだって。


これが役所に言わせると、平等な社会なんだって。働いて稼いだ分は徴収し、配分は抑えよう。それが格差是正なんだって。

 


年収700を超えて、所得税率20%を超えると、あとは働き損です。なーんの面白みもない。

 

 

一馬力800よりも、二馬力500/300とかの方が税も社会サービスもよっぽど得する世の中のようです。専業主婦(夫)は、一億総活躍の一員じゃないってかね

 

一番いいのは、給与300x2 + 配当200とかかなぁ。配当200は程遠いけど…