波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

資産状況 2019/6 とりあえず2000万問題はクリアしてます

久々に自分の資産状況を確認してみた。ホント手を動かすことが減ったので、確認すら怠るようになってしまった…

 

資産推移

去年末に凹んだけど、そこから復活。ここ半年で言えば横這いの状況

f:id:Naminori_T:20190615201535p:plain

 

 

ポートフォリオ

f:id:Naminori_T:20190615201710p:plain

f:id:Naminori_T:20190615201728p:plain

どうでもよくなったアパレル【GAP】は撤退。その代わり初めて金融としてブラックロック【BLK】を入れてみました。ただし、まだ弱小勢力。また逆張り買い増しとして【PM】【Tencent】【RDS】、一周廻って新興国が面白いのでは?と思い【VWO】を追加。あとは淡々買い増しで【VTI】をやっています。

 

50%がインデックスと高配当ETF、残り50%は個別株で遊ぶでやっていますが、久々にみたポートフォリオは大きくズレてませんでした。まぁボチボチと買い持ちオンリーで継続です

 

2000万円問題に思うこと

金融庁報告書が変にねじ曲がって炎上している2000万円問題。ある平均的な高齢者家庭では月5万円不足するので、単純計算で30年生きるなら2000万円不足するかもね。だからお金の使い方・貯め方・増やし方は自分でよくよく考えてね…って言っているだけなのに、まぁ見事に世間一般では外れた議論になってますね。

でも、外れたこと言っているのは、現在の高齢者とそこをメインターゲットにしているマスコミ・政治家だけな気がする。多少なりとも情報にセンシティブな現役世代では何を今更と思っている人が多いのではないでしょうか? 増えない給与を目のあたりにして、何年も前から言われている年金問題を聞いていれば、それなりに行動している現役世代は多いと思っています

 

私自身でいえば、30歳のときに、こりゃイカンかもって気になって投資の世界に踏み入れました。そこからひたすらに積立てていると2000万は超えるレベルにはなっています。まぁまだまだ途中ですが。

 

おカネの向き合い方は人それぞれです。稼ぎ方・使い方・貯め方・増やし方千差万別。だからこそ自己責任、自助努力。勝手に不平不満を言うなら言っていればいい。不満を言うだけで良くなるなら何の苦労もしない。行動しない限り何も起きないさ

 

そんなことより稼ぎ方が気になる昨今。技術立国・モノづくり大国なんて言われたのは過去の話。隣国の巨大がものすごい勢いで突っ走っています。工業技術は追いつかれ、IT分野で追い越しています。我々があぐらかいて他力本願に生きていたあいだに競争力は随分と失われてしまいました。あの国に行って実態を知れば知るほどショックなんですよね。でもそれ以上にショックなのは、この国内にはそんな危機感が全然無いことですが…

 

我が職があと10年・20年も続くかと言われると、全くそんな展望無し。職が無くなるか、資産が出来上がるかのスピード競争な感じです。