波乗り投資 -米国株ゆるり自由旅-

海見えぬ湘南界隈のクソダサいリーマンが米国株投資に全力疾走し、いつか自由なるBlog

MENU

教育費ってやっぱり大変!やはり社会負担してほしい

山本太郎氏が、参議院選挙で「奨学金で苦しむ555万人の返済をチャラにする」とかいう奨学金徳政令を公約にしているとか。うーーーーん、まぁ太郎氏なので勝手気ままな夢物語でのアピール感ばかりを感じ取ってしまいますが。そうは言っても親の身としては教育費はやはり大変。

ãæè²è²»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

私は奨学金という名の借金で大学行きました

教育費は大変。それは身をもって体験してます。私は自分の希望を押し付けて、首都圏私立理系一人暮らしをしました(させてもらいました)。まぁ家をどうしても出たいだけが先にあって、合格したのが首都圏の私大だったわけですが。ただやはり高い。親に仕送りしてもらい、かつ、奨学金でおカネ借りて、のほほんとした学生やってました。

学生当時の我が収入
  • 親からの仕送り; 15万
  • 奨学金;8万 (4年間で計382万を有利子で借入)
  • バイト;約10万

合計33万もあったので、今よりおカネに余裕があったかも

 

学生時代の我が支出
  • 学費;年130万=月11万ぐらい(自分で銀行にいって払ってました)
  • 生活費;12万ぐらいだったかな (家賃、食費、光熱費)
  • 遊び;10万

つまり、学費+生活費が仕送り+奨学金で賄えていました。でも遊び盛りなのでバイトばっかして、稼いだ分遊ぶことばかりしていたかなぁ。

なのに15万も仕送りしてもらってごめんなさい。やっぱり15万って相当大変だったんだろうなぁ、今になって思う始末。適当に遊び人学生していてごめんなさい。

でも感謝。おかげさまで今は職にありつけて、食うに困らず。また、学生時代の彼女が今は嫁で、食うに困らずですからね

はい、今は粛々と奨学金386万の返済進行中です。

 

自分が親として教育費を準備する立場となるとやはり大変。社会にも負担してほしい

私の親の仕送り総額は15万×12か月×4年=720万も提供してくれました。で次は自分となると、やはり強烈に思える数字。そして、うーんと悩んでいると、そもそも親が負担しなければならないことに大きな疑問が出てくる昨今。

 

子は教育を受けて社会に出て、そして社会のために税金・年金払うんですよ。勤労・納税は国民の義務かもしれないけど、これは社会貢献でもある。子供に教育を受けさせるというのは、将来のみんなのために稼いでくれる原資に投資するということ。子を持つのは親の自由、子を育てるのは親の責任、それが日本社会の通例っていうのはやっぱり変。教育まで義務とは言われたくないなぁ。子は、親にとって負債、でも社会にとっては資産でしょ。

 

そう思うとね、やっぱり教育費は社会で負担してほしいとは思う。

 

ただし、無償化とか奨学金徳政令にはやり過ぎ。だって私みたいに、遊び呆ける馬鹿にする可能性が高いですからね。また偏差値の高い大学だけ無償化とか、成績優秀な学生だけ特待とかもちょっと嫌かな。

私の提案は、単位とれたら学費返却がいいなぁって思う。まず支払って授業料の重みを知り、成果により学費が返ってくれば、もう少し真面目に授業に励むのではないかな

 

 

でも社会がすぐに変わると思えないから教育費の準備をしなければ

理想的には教育費の社会負担。でも老人優位のこの国で子におカネを回すのは難しいだろうなぁ。選挙候補者は皆、夢を語ってくれてはいますが…

 

なので、一応は粛々と準備してます。今はこんな積立推進中

  • 長女:学資保険1.5万の円建て手堅く(税控除枠活用) + JrNISAで株0.5万
  • 次女:JrNISAで株1.5万

そして、娘が18歳になったときに、600~700万ぐらい一括して渡そうかなぁって思っています。そのカネで進学するでもいい。足りない場合は自分で奨学金借りてくれ。別に大学以外でも好きに使ってくれて構わない。男に貢ごうが…。そのカネ使って、自分で将来生きていけるのであればね。

 

18歳で大金一括ボンって渡すこと、渡されてもちゃんと使いこなせるようにおカネのことを教えるのが、私の教育義務かな

 

なーんて